FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]

朝5時に起きて、最後の出発準備。
電車でミラノ、マルペンサ空港まで4時間。(途中、マルペンサ・エクスプレスをあと一歩のところで乗り遅れました・・。)


チェックインを済ませ、ちょっとカッフェで一休み。
そして、いよいよ搭乗ゲートへ・・。見送りに来てくれた人とはここでお別れでした。
やっぱり泣きました。


そして、搭乗時刻になったところで・・・、
なんと!「搭乗時刻が1時間遅れます」とアナウンス。

そしてその1時間後・・。
「欠航になりました」
わお~、そんなことになるとは。


周りの人から聞いたところによると、どうやら部品の一部が壊れたのが見つかったらしい。
とりあえず一度、飛行機に積み込んだ荷物を取りにいかねばならないということで、しばし待つ。
荷物を取るまで1時間。

そして、ルフトハンザのチケット売り場へ。
そこでも待つこと2時間。でもその間、インド人、イタリア人、アメリカ人の人たちといろいろおしゃべりしていました。

やっと自分の番になったところ、
その日の夜に出発するJALの直行便に1席余裕があるとのこと!
やった~。
結局、ミュンヘンで乗継せずにミラノから東京まで直行で帰ることになりました。


サンフランシスコ行きの人たちが結構いたのですが、その日に出発する便はすでになく、ミラノにその日は泊まって翌日の早朝に出発する便に乗らなければならなくなっていました。
その中に、新婚旅行のイタリア人カップルもいて、
「なんて新婚旅行なのかしら~」って言ってました。


だから私は運が良いほうだった~と思いました。


今回の欠航、私にとっては初めてだったのですが、特に焦ることもなく「まーいつか帰れるだろう」くらいの気持ちだったので、特に問題なかったです。
おかげで最後までカウンターの人たちや他の乗客の人たちとイタリア語で話す機会が多かったので楽しかった♪



さっそく先生や友達に電話。
みんなは今頃私が飛行機に乗っている・・と思ってたので、私が電話をかけたとき相当びっくりしてました。

「それはイタリアに残れ!っていうことだよ、帰っておいで~」と言われちゃった。(^_^;)


さらに、実際に出発する直前の夜9時近くまで、ひっきりなしに鳴る電話。
電話をかけたのは実際には3人だけだったのに、どんどん話がまわったらしく、いろんな人から次々電話がかかってきました~。

「今、piazza ○○○ で飲んでる、帰って来い~」
「ミラノまで迎えに行こうか?」
「待っている間、退屈でしょ? ちょっとおしゃべりしよ~」

などなど、みんなからあたたかい電話をもらいました。(^_^;)
前日に携帯にリカリカ(チャージのこと)しといてよかった~。



そうして、飛行機に乗り込んだところ、お隣は日本へ観光旅行に行くというイタリア人カップル。
ここでもかなりおしゃべりしてしまった。
お友達の奥さんが日本人だそうで、いま日本に帰省してるから会いに来るついでに観光しようということらしいです。3週間のお休みをもらったって言ってました。そんなにお休みもらえていいな~。



無事に東京に到着し、家路へ。
夜9時に家に到着しました。
その日は、ちょうど地元で花火大会があって、街中大賑わいでした。
しばらく帰ってないうちにお店が変わっていたりして、街の変化を感じました。
スポンサーサイト

今日は午前中は、学校へ行って最後の挨拶。

先生と抱き合って、泣かないつもりだったけど、先生も私も大泣きでした。

店員をやっている友達たちに最後のお別れ。

次々と届くメッセージ。


ありがたいなー。




もうすでに荷物もつめ終わりました。
でも主要な荷物は置いていきます!
(強硬手段・・)




今は静かに今日の夜を迎えます。


そしてまた、レッジョ・エミリア在中のみなさんとは、
レッジョ・エミリアで再会します!

昨日、自分で自分のしばらくさよならフェスタをBarで開きました。

友達25人くらい来たかな。最終的には30人くらいだったかも。


しばらく会っていない人もいたから、久しぶりにいろいろ話ができてうれしかった~。さらに、みんなからいろいろとお餞別をもらったりして。


私は、すでにもうイタリアに戻るという気持ちに自信が出てきたので、この日も一度も泣かなかったのですが、逆に友達たちのほうが涙ぐんでました。


この日は、イタリア人だけじゃなくて、もちろん私も外国人ですから、外国人の友達も多く、スペイン、アメリカ、メキシコ、イギリス、ドイツ、コスタリカの友達が出席してくれました。
あとで、友達でもあるここのバリスタの人が、「外国人が一度にこんなにたくさん来たのはこのBarで初めてのことだ!」と言ってました。
英語もばんばん飛び交っていたし。(^_^;)



終わったのは夜11時。
普通はこのBarは、夜7時半、8時、9時くらいまでしか開いてないのですが、こんなに遅くまで明けてくれて本当に感謝。
しかも費用もたぶんかなりオマケしてくれた・・。



その後、私はちょっと疲れてしまったので家に帰ったのですが、他の人たちは夜中の3時ごろまで、別のビッレリアにいたらしい・・。
そして、ある友達はかなりよっぱらい、どうやって自転車で家に帰ったかも覚えておらず、さらに家に入る前に自転車ごと転んだらしい・・。二日酔いは翌日も続き、会社に遅刻するわ、上司の車の中ではいてしまうわ、大変だったそう。。
というわけで「こんなに酔っ払ったの久しぶりだよ~。いやーいいフェスタだったね~」と言ってもらえました。(^_^;)




さ、今日はこれからちょっと買い物して、最後にちょっと友達と挨拶して、荷造り始めます~。

ここ最近、友達と別れの挨拶をする場面が多く、そのたびに涙を流しています。別に泣くつもりはまったくなかったのに、気づくと涙腺がゆるくなっていて、涙がこみあげます。それも私から泣いてばかりで、みんな私の涙に刺激されて、もらい泣き。


それぞれが国に帰ったり、レッジョから違う街へ引っ越したりなどなど、事情はさまざまだけど、しばらくは会えないだろう・・ということだけははっきりしていて、そう思うと本当に悲しくて涙が出ます。

先日は、一番仲良くしていたオーストリア人の友達のお別れフェスタがありました。最初はみんなでわいわい楽しくしていたんだけど、みんなからプレゼントを渡すころから、悲しさが一気に増してきて、みんなで泣いてしまいました。一人ずつと抱き合ってお別れ。その様子を見てるだけでも、みんなとの思い出がわーーっとあふれてきて、涙が出ました。
でもまた今度もこのレッジョで会うことを約束しました。


昨日の夜は、フラメンコの仲間たちがしばらく会えなくなる私のために、夕食会を開いてくれました。先生からは、先生の教室のマークが入ったフラメンコのTシャツをもらったり、みんなからいろいろな暖かい言葉をもらって、また泣き虫になってしまいました・・。
私のイタリアでのフラメンコ活動は、来週土曜の街のイベントで踊ることでいったん終了です。そのときには精一杯の踊りができるように、みんなと一緒に頑張ろうと思います。



私が帰国するまで、あと2週間になりました。
でも、また戻ってきます。レッジョ・エミリアに。



さ、明日から3日間、海へ旅行に行ってきます。
帰国のことは考えずに、思いっきりリラックスして楽しんできます~♪

この前、ボローニャにあるIKEAに行ってきました。
目的は、ソファーとベッドを買うこと。


IKEAは、手ごろな値段なのにシンプルでモダンなものが多いので、イタリアでは大人気(と思う)。
ある友達の家は、システムキッチンからゴミ箱にいたるまで、家具すべてIKEAでそろえたという人もいます。
特に若いカップルの家には、IKEAのものが必ず一つはあるんじゃないかな~。だから、「あ、このランプ、別のコの家にもあった~」と家具がかぶる確立が高い・・(^_^;) でも、そういうのみんなぜんぜん気にしてないから別に平気なんだけど。


レッジョから車で1時間とちょっとでIKEAに到着。
日曜の昼間であるにかかわらずものすごい人手。(日曜のお昼どきは、家族やおじいちゃん・おばあちゃんなどとそろって昼食をとる家が多いので、外にいる人のほうが断然少ないはず。)


さて目的のソファー売場に到着すると、すでに目をつけていたソファーを発見! 別に高いものではなく、安いけどわりと見た目が良いというもの・・(^_^;)
でもそういった商品だけあって、欲しかった Blu は品切れ在庫待ち状態・・。あー。
でも、結局いつか買うことには変わりないので、在庫が到着しだい連絡をもらうことにして、予約をしておきました。(しかし、ソファーが実際に届くころには私は日本にいるでしょう・・。)


私たちが予約手続きをしているときに、家具を買うか買わないかでずーっともめてるカップルが近くにいて、そばを通る人もみんな注目してました。

彼「いいかい、僕たちの部屋を想像しよう。ほら、このソファーがぴったりじゃないか!」
彼女「ちょっと待ってよ。窓の大きさから考えると、このソファーだと大きすぎるわよ。どうしてサイズをしっかり測ってこなかったのよ!!」
彼「それは君だって測ってこなかったじゃないか!いつだって僕のせいだよ。いいかげんにしろよ。」
彼女「何よ。出発する前に私がキッチンを片付けてるのに、のんびりテレビを見てたのは誰よ。いつだって私が家事をしてるじゃない!」

・・・・・。こうしてソファーの話から普段の私生活についてのケンカになっていました。。
これがまた大声で身振り手振りが大きいから、全部聞こえてきちゃうのよね。。
私たちは、買い物があるからその場を離れたけど、立ち止まって聞いてる人も多かった!(特に孫と来ていると見られるおばあちゃん! やっぱりこの年代ってどこの国の人も好奇心旺盛なのね~)


次はベッド売り場へ。いいなーと思うベッドがあったのですが、やっぱり高い・・。というわけで、ベッドはまたこの次にしようと決めて、あとはぶらぶらと店内を物色。
もうあれもこれも必要って感じで、どんどん買い物袋がいっぱいに。家具としては、ガラスのテレビ台を買い、あとはキッチン小物やマットなど、こまごましたものを買いました。


店を出たころにはすでに3時間以上経過。
店内を歩き回ったから結構疲れてぐったり。でも私は運転しないから、まだマシなんだけど・・(^_^;)



友達の話によると、ボローニャのIKEAよりも、ブレーシャにあるIKEAのほうが大きいし、品揃えも良い気がするとのこと。さらに、パルマにも新しいIKEAが建築中らしく、よりレッジョから近い!!やった~。



家に帰ると、友達から「プール行かない?」のメッセージが入ってることに気づきました。買い物中でぜんぜん気づかなかった~。というわけで電話して「ごめん~、IKEAに行ってたの~」というと「何で言ってくれなかったの!? 私も一緒に行ったのに~~!」と怒られた・・(^_^;)
このようにIKEAは大人気なのです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。