上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]

22日に日本に帰ってきました。
その後、仕事や日本での披露宴準備などでバタバタしております。

今回の日本へのフライトは、初めてタイ航空に乗り、ローマ→バンコク→東京で帰ってきました。
# イタリアに戻る前に、タイ旅行に行くので。

そして初めて、ローマ・フィウミチーノ空港からのフライトです。
ローマに行くのも初めてだったので、友達からも空港行き列車(レオナルド・エクスプレス)の乗車ホームについて情報を聞き、そのため、スムーズに乗り込むことができました。

レオナルド・エクスプレスの中で座って出発時刻を待つ間、
友達たちからいくつか電話が入ったので、おしゃべりしていました。
出発前は本当にバタバタしていて、友達たちに挨拶できずに
出発してしまったので・・。

今から家に来ない?なんて電話もあって、
ゴメン、今ローマ。と言うと、相当驚いていて、出発はもっと先だと
思ってたのに、何で言わなかったのーーー。と怒られました・・。ゴメン、友よ。。

そうしてひとしきり電話も終わった頃、
いつの間にか前に座っていたおじさんが、「君、イタリア語、話せるんだね~」
と話しかけてきました。
どうやら私がずっと電話でぺちゃくちゃおしゃべりしていたのを聞いていたようです。

そこからもう話は盛り上がって、どこに住んでるだとか、
日本のこと、イタリアのこと、どこの国に旅行に行ったことがあるか、
仕事は何やってるかなどなど、道中の30分、ずっとおじさんと
楽しくおしゃべりをしていました。
あげく、私が、ピッツァのはしっこが厚ければ厚いほど好き!という話を
アツく語っていたら、くっくっくっと笑われて、
「Sei molto simpatica.」
と言われました。
(simpatico/a って辞書には「感じがいい」って載ってるけど、
この場合、きっと、「君ってすごくおもしろいね」という感じ?)

おじさんはローマに住んでいて、生粋のローマっ子だそう。
心理学者で、出張でこれからアルバニアに行くので、
空港に向かっていると言ってました。

「心理学者の僕が言うから本当だけど、絶対に君はどこでも
やっていけるよ。」と太鼓判押してくれました。(^^;

無事にレオナルド・エクスプレスはフィウミチーノ空港に到着し、
おじさんからは名刺をいただいてしまいました♪
何か困ったことがあったらいつでも連絡しておいでって。

たった30分の出会いだったけど、本当に楽しいひと時だったな~。

-------

さて、話は変わって、機内に乗り込んでからの楽しいひと時の話を。

機内で荷物をあげたり、着席している頃から、どうも私の周りの席は
かなり盛り上がっていました。
何が盛り上がってるかって、団体客がいるわけでもなく、それぞれみんな
一人で来てる人や、カップルで、個人客ばかりで、知らない人同士でも
みんな冗談を飛ばしあって、お互いの荷物をあげるのを手伝ったりしている。

私にも、「隣は2席も空いてるじゃないか。誰も来なかったらそっちに
行っちゃおうかな」なんておじさんが言えば、別のおじさんが
「おいおい、いつからそんな親しげに話しかけてるんだ。」なんて
ツッコミをいれたり。
このおじさん同士は、知らない人同士のようなのに。

そのうち、隣の2席に座るカップルがやってきました。
これまたかなりにぎやな二人。
最初から私たちは握手で挨拶して、いろいろ自己紹介で
盛り上がっていると、また後ろや隣のおじさんたちや、
前の席の初老の夫婦たちも会話に入ってくる。


機内食が運ばれて、誰かが「ジントニック!」と頼めば、
「おいおい、そいつには酒は飲ますな!」なんて冗談で
ツッコミが入ったり。
それで食べるときは、みんなで「Alla nostra salute!!」(健康を祝して!!)
って乾杯。
機内食でこんなに知らない人同士で乾杯するのは初めて!

でね、私は機内食食べるのがニガテなんです。
においがニガテというか、本当に食べられなくて。
それでほとんど手をつけないでいたら、隣のカップルが、
「あれ、全然食べてないじゃん!」と言うので説明したら、
「実は僕たちもあまり機内食好きじゃないんだ。だから
今朝地元でパニーノを買ってきたんだよ!たくさんあるから
君にもあげるよ」
と言われ、彼らの地元、サレルノ(ナポリよりさらに南にある)
のBarで買ったというパニーノを頂いてしまいました。
おいしかったなー。
なぜかこれはペロリと全部たいらげてしまいました。
やっぱり機内食はどうしてもダメみたい。

機内の映画は、みんなで大きなスクリーンを見る形式で、
「レミーのおいしいレストラン」を上映。
みんな個々にイヤホンで見てるのに、大声出して笑ったり、
ねずみ君に向かって「逃げろーーーーー!」と叫んだり。
映画終わると拍手。(^^;

極めつけは、バンコク空港に無事着陸したとき。
誰からともなく、わーーーっと拍手が巻き起こり、
「Viva Thai !! Viva Thai !!」(ビバ!! タイ航空!!)
「Braviiiiiiiiii !!」(すごいぞ!!)
とみんな歓声。

飛行機を降りるときは、たがいに握手して、楽しかった、良い旅を!
と言い合って挨拶しました。


ほんっっとに面白かった~。


今まではミラノかボローニャ空港からしか乗ったことがなく、
当然普通の雰囲気の機内でした。

あとで気づいたのは・・・・

周りの人達は、みんなローマ近郊やローマ以南にある都市から来た人達。
⇒たぶん北にある空港から乗るより、こちらから乗ったほうが南のほうの
 人達が多くのる。南の人達のほうがやっぱり明るい性格?

さらにタイ航空で、みんなバンコクへバカンスまたは仕事としても、少し
気持ち的にも余裕のある旅・・・だったよう。
⇒みんなリラックスして乗っていた?

そういう様々な偶然が重なって、こんなに楽しいメンバーになって
しまったのかなーと。


バンコク乗り換えは、いつもよりとても時間がかかったけれど、
こんなに楽しいなら、また次回もタイ航空を使おうかしら?

皆さんも機会があれば、ぜひローマ空港からのタイ航空をお試しください。(^^;



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。