上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]

Miguel Angel(ミゲル・アンヘル)のクルシージョに参加して来ました!!
楽しくて楽しくて、3時間があっという間でした。

■入門・初級クラス
フラメンコ始めて5回目の人も含めてのレッスン。

タンゴで、最初は手、腕の動きから。
プランタの足も合わせていく。
手と足が同時になってくると、やはり入門の人たちはちょっと厳しそうでした。

でも、そこが先生のすごいところなんですが、
ちゃんと、ここがこうなっているからできない、こう直さないと・・
ってズバリ指摘してきながら、その動きを繰り返していると、
少しずつ入門の人たちもついていけるようになってきてるんです。

何パターンか、振り付けをつなげていき、最後はちゃんと1歌完成。

すごい。


■中・上級クラス
生徒4人でこじんまりと。
先生とのレッスンももう何度も一緒に受けてきたので、和気あいあい。
先生も「さー、今日は何やろっかー」と。
友達が「今日は、パンチの効いたのがやりたい!ソレアとかシギリージャはやだー」と言ったので、
「ちょっとー、なんかあったのー?」ってみんな大笑い。
「日頃のうっぷんをここで発散するのよ~」って友達が言ってました。

でもすごいわかる、この気持ち。
フラメンコやってると、足を踏みならし、リズムにのって、
先生の動きをものすごく集中して見ていて、
そうしているうちに頭が真っ白になって、普段のいろいろなことが全部ふっとぶ。

フラメンコに限らずだけど、こういうふうに自分の好きなことに集中できる時間って
やっぱり大事。

それで先生が、「んじゃこっちもタンゴやろっか。」ということでタンゴになりました。

しょっぱなから先生はかなりとばしていくんだけど、
すごいなーといつも思うのが、
私たちのレベルよりもほんの少し難しい・・くらいの振り付けをやってくれる。
クルシージョは今日だけ。続きはないから、今日で完結できるもの。
最後にはできるようになって、達成感が味わえるように。

少しずつ難易度を上げた各パターンの振り付けをつなげて、
最後にジャマーダでしめる。
で、1歌完成。

やっぱりすごい。

この振り付け、忘れないようにしたいけど、すでにちょっとあやしくなってきてる。
あとで復習しなくちゃ。

-------------------

レッスン後、先生も一緒にみんなでリストランテに行きました。

先生の姪御さんが、まだ2歳だけど、フラメンコの曲をかけると
キッと表情が変わって、足踏みやパルマをたたきだす・・という話や、
世界各地をとびまわってる話、
飛行機の中では振り付けをずっと考えてるという話・・
などなど、いろいろ聞きました~。

先生はとても気さくな人なんだけど、
振付家・ダンサーとしても有名なすごい人なんですよ。

Miguel Angel Official Web Site


先生との出会いは、3年前の夏合宿。
アルト・アディジェ州トレント付近の山の上で、みんな泊まりがけの4日間


先生は、もう15年くらい日本の有名なフラメンコ舞踊団に振り付けをしにいっているので、
日本語も少し話せた。

それで、先生は最初に私と会ったときに言ったのが
「オツカレサマ」

初対面なのにすごい大笑いしてしまったー。

レッスン中も、たまーに日本語で
「ココ、キヲツケテネ!」
「ツカレタネー」
とか言ってくれる。
そのとき、他のみんなは「????」だけど・・。


私が日本からイタリアにやってきたということは、簡単じゃない決断だけど
よく頑張ったね。
って昨日の夜言ってくれて、ちょっとうれしかった。

先生が自宅に帰れるのは年に数回。
いつも世界中で公演やレッスンがあるから。
十代のころからこうしてずっと生活してきて、
イタリア語、フランス語、ドイツ語、英語、日本語・・といろんな国の言葉を
覚え、いろいろな出会いをして、こうして今があるのが幸せではあるけれど、
違う文化に入っていくときの気持ちはすごくよく分かる。
と言ってくれました。

やっぱりこうして分かっていてくれる人がいるというのは、
ほんとに励まされますね。
うれしかったです。

また12月に来られれば来てくれるそうなので、またそのときに
みんなで再会を誓いました。


そして、日本にいる皆さんにも朗報♪
まだはっきりとした日程は決まっていないけれど、
2月~4月上旬あたりのどこかで、日本でミゲルの公演があるそうです!

ちょうど私の一時帰国と同じ時期♪
会えたら会いましょ~と約束しました。
んでも忙しいだろうから無理だろうな~。



スポンサーサイト

最近仕事が少し落ち着いたので、怒涛の勢いでブログ更新中。
ヴェローナのオペラ鑑賞、プーリア旅行など下にアップしてます。
今日の午後は、久しぶりにのんびりとニョッキ作ってます。(今乾かし中)

 

9月下旬から、2008/2009のフラメンコレッスンが始まりました。

今年はちょっとショックな出来事が・・。
というのが、とても難しいレッスンをしてくれていた男のR先生が、もうレッジョの教室には
たまにしか来られなくなってしまったこと・・。

R先生は、お隣のモデナのチェントロと、モデナ郊外でもレッスンをやっているので、
先生からも「ぜひ来てほしい」と言われたのですが、車で1時間くらいはかかる距離。
日本では片道2時間の通勤を毎日していたから、それに比べれば・・って思うんですが、
これから冬になると、このあたりはアッペニン山脈とポー川にはさまれて、霧がよく発生するんです。
それも時には2メートル先も真っ白で見えない・・なんてことがあるので、
私が車で・・というとやはり不安が・・。
ということでやっぱり通うのはあきらめました・・。

結局、今通っているのは前と同じく2つの教室なんですが、
1つは、中・上級のクラスの人数が少ないために、初級クラスと半分同じ時間で
レッスンをやっていて、やっぱりちょっと物足りない・・。

そしてもう1つの教室は、もともとレベルは1つのみで、入門生が入ってくれば
またイチから始まります。

もちろん、簡単だと思う振り付けでも、美しく踊るのはすごく難しいことだし、
どんなレッスンでも勉強になるのは確か。
でも、モチベーションからすると、やっぱりちょっと下降気味にはなるかも・・。
本当は、別の教室にも、すごくいい先生がいるらしいと聞いているんだけど、
留学当初、まだ英語しか話せないときに、快く迎え入れてくれた今の先生たちから
やっぱり離れたくないという気持ちもあり、このままついていきたいとは思っています。
でも一方で、もっとうまくなりたい、あの曲も踊ってみたい・・などいろんな気持ちが
うずまいて、なかなか悩ましいです。
とにかく、ひたすらDVDを見て、独学しています。


さて、そんなこの頃だったんですが、先日、初!の代教をやりました!

先生が仕事が忙しくて、おそらくレッスンに間に合わない・・
なので代わりにレッスンをしてもらえない?と頼まれたわけなんです。

普通だったら、以降のレッスンで30分ずつ延長して振替するんですが、
この時期、教室として使っている劇場のスケジュールがいっぱいで、
私たちのレッスンのあとにも、他のコースでうまってしまっているとのこと。
振替もできず、でも生徒たちはお金を10回分まとめて払うことになっているので
休みにするわけにもいかない・・・。
ということで、私も状況がすごく理解できるだけに、断り切れずにやることになってしまいました。

このクラスは、フラメンコ初めてまだやっと4回目の人たちと、
2年目の人たちの2レベルが混在しています。

腕や手の動きの練習はまだ大丈夫だったんですが、
サパテアード(足でリズムを打ち出す技術)の練習になってしまうと、
入門の人たちは、あたりまえだけど本当にまだ全然できない。
すごーーーーくゆっくりやっても、なかなかついてこれないので、
何度もストップして丁寧に教えました。

前回までのレッスンでは、先生はほとんど止めずにずっと足の練習を
していたんだけど、実は入門生たちは、全然ついて来れてなかった・・
というのが分かりました。
遠慮して言いだせなかったみたいです。
これもちょっとかわいそう。

さらに、劇場の舞台での練習のため、鏡がない!!
これって初めて教わる人にはかなり厳しいと思う。
私が向かい合わせになって左右逆にして見本をやっても、
踊ること自体が初めての人にはきついし、
かといって、私も同じ方向を向いて、後ろから見てもらうようにしても、
立ち位置によって、かなり見にくくなってしまう・・。

そうやって、とにかく頑張って入門生にばかり説明してしまうと、
今度は2年目の人たちが退屈してしまうんですよね・・。

なので、同時にやろうと思って、入門の人たちのリズムよりも2倍の速さでできる?
と聞くも、今度は2年目の人たちも無理ーとなってしまって・・・。

結局、今回は入門生の人たちに合わせてもらいましたが、
やっぱり申し訳なかった・・。

一応、イタリア語で教えることは何とかなったんだけど、
やっぱり違うレベルの人たちを同時に教える高度な技は私にはとても無理。。
いっぱいいっぱいでした・・。
今度は先生も通常どおりレッスンができるからほっとしています。


今週は、もう1つの教室のほうで、スペイン人の先生(Miguel Angel)のクルシージョがあります!
入門クラスから、上級クラスまで受講予定♪
先生がどんなふうに初心者の人に教えるのか、私も勉強してきます。
あーーレッスンが楽しみ♪

アルベロベッロのあと、午後からはマテーラへ。

ここは洞窟住居の町。

町の中心地から、サッシ(sassi)地区への階段を降りていきます。
IMG_3011.jpg

続きは追記にしました。

Read more >>

そして、プーリアからアルベロベッロへ。

直訳すると、「美しい木」という町。(アルベロ albero は「木」、ベッロ bello は「美しい」)

IMG_2951.jpg

IMG_2940.jpg

トゥルッリ(Trulli)と呼ばれる不思議な形の家。

その昔、税金を逃れるために、すぐに壊せるような家を建てたかららしい。


偶然立ち寄ったお店では、イタリア人のご主人と日本人の奥様の素敵なご夫婦に出会いました。
いろいろおしゃべりがはずんで、とても楽しいひと時でした。



夏のバカンスでプーリアに行って来ました。

IMG_2729.jpg

ほとんど写真なので、追記にしました。
Read more >>

8月の終わり、ヴェローナの野外劇場(アレーナ:その昔は円形闘技場でした)に、オペラ『カルメン』を観に行って来ました。

まだまだ真夏で暑かったけれど、夜になると風が気持ちよく、時に涼しいくらいでした。




上演は夜9時。きっと終わるのは真夜中になるだろう・・ということで、
野外劇場近くのピッツェリアにて、早めの夕食。
ドイツからのツアー客が多いようで、あちらこちらからドイツ語が聞こえてきました。

予め予約してあったチケットを引き換えて、いざ劇場へ。
一番安いスタンド自由席だったので、やっぱり周りも普通の一般人ばかり。(庶民なのでホッ)
舞台の前にあるアリーナ席を見ると、ゴージャスなドレスを着た方々がいました!
周りでもみんな「あー、あそこの赤いドレスの人がすてき」とか、話題にしていました。

IMG_2720.jpg


そして、いよいよ上演。

IMG_2724.jpg


古い歴史のある劇場で、まるで本物かのように見える舞台セット。
そしてその時代の衣装をまとった歌手の方々。
すごくリアルで、私たちまでその世界に入り込んでしまったような錯覚を覚えました。

第1幕で、カルメンが喧嘩騒ぎをするあたりの町の喧噪では、
フラメンコを踊ってる人たちも!
上演前に場内アナウンスで紹介があったのですが、
フラメンコを踊っているのは、スペイン人のダンサーの方々でした。
さすが、全然違う。舞台の雰囲気もあるから、本当にジプシーの人たちが
道端で踊っている感じでした。

騎馬隊が出てくるときは、なんと本物の馬が舞台上に出てくるんですよ。
4頭の馬が舞台と袖を行ったり来たりしていました。

カルメンの組曲は、よく知られているので、有名な前奏曲では観客も手拍子していました。
すごく楽しい♪

唯一残念だったとすれば、スピーカーがないため、オーケストラの音楽や
オペラ歌手の歌声が、スタンド席だとちょっと聞き取りにくいことがあるんです。
友達は、別の日にアイーダを観にいったのですが、本当に聞き取りづらくて
残念だった~と言ってました。


オペラは上映時間が長いはずだけれど、あっという間に時間が過ぎたように感じました。
でも終演後に時計を見ると、すでに夜中の1時!

ツアーのドイツ人たちは大型バスに乗り込んでいました。
これからドイツに向かって、早朝に到着するのかなー。

日本からの旅行で観る場合は、やっぱりヴェローナで1泊したほうがいいですね。
ここでは毎年夏にオペラが上演されています。
チケットはネットで購入できるので、興味がある方は早めにご予約を!
すでに来年2009年の夏の分が発売されていますよー。
ちなみに私が行った日はすべて完売でした。

Arena Verona - Official website of the Verona Arena Foundation (英語)
http://www.arena.it/


バカンスから帰ってきてからもう半月以上たってるんですが、
忙しくて更新する余裕がありません~。すみません。

とりあえず元気です。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。