FC2ブログ

先日、イタリアの友達が仕事で日本にやってきました。
いつも出張中はかなりのタイトスケジュールで観光する時間もないらしいのですが、今回は幸運にも週末に時間があるので、どこかへ行こう!ということになりました。

まずは行き先決め。
希望は「ONSEN!ONSEN!ONSEN!絶対にONSENがいい!」とのこと・・。そしてすでに自分で「HAKONE」について調べていました。この人、本当にすごいんですよ。
英語のサイトでくまなく調べて

「HAKONE YUMOTO へは、ロマンスカーで新宿から1時間半で行けるんでしょ?」
「 TENZAN (日帰り温泉の天山のこと)という温泉が評判がいいらしい」
「MORI NO YU(箱根小涌園ユネッサンのこと)もなかなかいいらしい」

などなど私に情報をくれました。

いや私ももちろん知ってるんですが、正直ここまで調べてくるとは思っていなかったのでもうびっくり。出張中はとにかく仕事でものすごーく疲れてるだろうなと思ったので、旅館での1泊旅行を提案しました。そうしたらみんなでゆっくりできるしね。

当日は、他の友達の女の子が仕事のためにあとで合流することになっていたので、私と友達がさきに箱根湯本にて待ち合わせ。
久しぶりに会うけど全然変わってないなー。

箱根湯本



おなかがすいたのでまずは何か食べようということになりましたが、「汚くてちっちゃい食堂に行きたい!」と言い始めました。この友達は「そういうところこそ、地元の生活が垣間見れる」という考えなもので。何しろ仕事で行く高級リストランテよりも有楽町のガード下の一杯飲み屋が大好き・・という人なのです。
友達に言わせると「確かに行ったところはどこもエレガントですばらしいし、イタリアでもなかなかないけれども、自分は庶民だ!」とのこと。庶民の私もちょっとうれしい♪

さらに高級リストランテではイタリア語が話せる日本人の人がたくさん話しかけてきたらしいけど、どの人も、この高級ワインがおいしい、イタリアのこのブランドが大好き、自分はアルファ・ロメオを2台持ってるなど、いろいろとイタリアのことを話してきたそうなのですが「お客さんだからニコニコしてたけど、自分はそんなブランドに興味ないのに、そんな話しかしてこないのが疲れたよ~。」と言っていました。
まー、日本ではイタリアの商品は人気もあるし、身近に触れられるイタリアとしては手っ取り早いとも思うし。いいじゃないの、実際イタリアのそういった商品はどれもすばらしいし、それだけイタリア人の努力がこんな遠くの日本で認められてるってことじゃない?

駅前のにぎやかな通りを過ぎて、もっと裏の地元の人が行きそうな小さな食堂を発見!
そこで私はラーメン、友達は私のお勧めでしょうが焼き定食を食べました~。「お肉が食べたい」っていうから、ハンバーグよりはやっぱりしょうが焼きよね!と思ってね♪
おいしいって言って食べてましたよー。


やっぱりお疲れの友達は、「あーのんびりしたい」とのことで、さっそく日帰り温泉「天山」へGO!

そこで友達はある面白いことを発見!
天山の入り口までの道すがら、ぽつんぽつんと立っていた数人の人に注目しました。

「彼らはなに? 何をしてるの?」

そう、その人たちは警備員さん!

「この人たちの場合は、天山へ入る車を誘導したり、道を案内したり、何かあったときに対応したりするのよ。工事現場で通行を誘導する警備員さんもいるよ。」と説明したところ、
「それだけ? 仕事はそれだけ?」
「うん、そうだと思うけど・・なんで?」
「わー、自分もその仕事やりたい!ただ立ってるだけでたまに案内でしょ?そんな楽な仕事あっていいの??日本ってやっぱり豊かだよなー。イタリアじゃ絶対に存在しない。」

・・・なるほど・・、確かに私もイタリアの工事現場で警備員さんを見たことは一度もないな。
でも楽ってことはないんじゃないなー、ずっと立ち仕事だし、車や工事現場にいつも近くにいる分、何か危険なことがふりかかる確率が普通よりも高いような気がするし。

それでも、「KEIBIIN になりたい!!」って何度も叫んでました。。。


天山では時間を決めてロビーで会うようにして、あとはそれぞれのんびりと温泉を楽しんできましたー。


そして夜は、いよいよ友達の女の子と合流!
私も同じ日本にはいるものの、なかなか会う機会がないのでうれしい♪

そして3人で箱根湯本の居酒屋へGO!
入り口に赤提灯がある小さな居酒屋さん。友達はメニューが短冊で店の壁にずらーっと並んでるのが気に入ったみたいです。


そのあとは旅館へ行って、みんなでお布団を敷きました。
畳の上にじかにお布団をひいて寝るのが面白かったみたいですよ。


翌日は旅館裏にあった滝を見たり、小さな神社に行っておみくじしたり。少し足をのばして早雲寺にも行ってきました。
ちょうどお坊さんが中で読経していたのですが、早雲寺は中には入れないようになっていたので、残念ですが外から網戸ごしにのぞいてました。それでも、お寺を見ること自体が初めてだったので、友達にとってはいろいろ新鮮だったようです。

出張中はずっと都会のビル群の中で仕事をしていた友達は、箱根でゆったりと過ごせて、だいぶ疲れがとれたみたいです。よかった♪


別れる前に、3人で記念写真をパチリ。
良い思い出になりました。
今度は「富士山にのぼりたい」って言ってたけど、実現するといいなー。
スポンサーサイト





秘密