FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]

ごぶさたしていました。
いちおう元気に生きています。

もう帰ってきて随分たったなと思っていたら、
実はまだ1ヶ月はたっていないことに気づきました。
感覚的にはもう2ヶ月ぐらいたってる感じです。


日本に帰ってきて、遅ればせながらはまったものがあります。
それは「のだめカンタービレ」!
録画しておいたドラマのビデオを見て、マンガも現在発売中のものを
買って、すべて読破しました~。
ストーリーの中で出てくる曲には、元々CDで持っているものも結構あったので、
聴く音楽をフラメンコからクラシックに久しぶりに変更してみました。
やっぱりいいですね~。

以前、バレエの発表会で踊った曲や、ピアノの発表会で弾いた曲では
当時の思い出も一緒によみがえってきました。


そして、ミーハーなので、久しぶりにピアノの練習も復活・・(^_^;)
ピアノ教室には20年以上通いましたが、もう辞めてから大分経っているし、
何しろ今はめったに練習してないから最初は指が動かなかったです・・。
でもそのうちやっぱり思い出してきて、ハノンも調子よく弾けるように
なってきたら、いよいよ昔やった発表会の曲を・・。
数回練習したら何とか昔のカンが戻ってきました~。


それで楽譜を読んでいるうちに、気づいたのは
「おおおお、速度標語などが訳ナシで分かる~」
でした。
そうですよね、イタリアはオペラの国、音楽の国ですものね。
音楽用語は基本的にだいたいイタリア語なのだ~と、改めて実感したのであります。

例えば、「初めから」の「ダ・カーポ(da capo)」も今ならものすごく納得です。
小学生の頃はそのまま覚えてましたし、何語だなんて気にしてませんでした。
昔はピアノの先生から言われて、楽典やソルフェージュなどなど、
いろいろ勉強してたな~。(→しかし音大に入る気はまったくなかった・・)
楽典―理論と実習

聖歌隊でラテン語で歌ってたりもしたのに、そのまま発音を丸覚えで意味が
分からず歌っていたことを思うと、何てもったいない!
くぅぅ、小さいときから一緒にイタリア語も勉強することに気づいていたら!
と今さら思ったのでした。。。

いや、まさか今ごろになってイタリア語やるとはそのとき
気づいてなかったし・・。



ま、せっかくなので、久しぶりにもう少しピアノを頑張ってみるかな・・
と思いました。
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。