FC2ブログ

-------------------------------
Saggio del corso di BAILE FLAMENCO
COMPARSAS
venerdì 20 giugno 2008
ore 21.00
Teatro San Prospero - Reggio Emilia
-------------------------------

先日、別のフラメンコ教室の発表会がありました。

この時期、仕事もいろいろ掛け持ちしつつ・・という状況
だったので、正直、本当に大変で、精神的にもちょっと
追い詰められたかも・・。

というのも、今回の発表会は、ソロで2曲(アレグリアスとタンゴ)
踊ることになっていました。

アレグリアスは、日本の教室で習っていた振り付けをやることに
したけど、曲の出だしには振り付けが付いていないので、
自分で振り付けをしなければならず、それが12コンパス分。

タンゴは、先生がカンテで、3番の歌詞のときに出て行って
ソロで踊ることになったのだけど、それがジャマーダ抜かして
16コンパス分。

時間にすればあっという間に終わってしまうくらいなんだけど、
その振り付けを自分でひねり出すのが本当に苦しい作業だった・・。

チェントロに行くバスの中や、寝る前の10分など、ずっとこまぎれ
の作業で、なかなか集中して時間が取れず、やっと大体は考えたものの、
今度はギターさんと合わせる時間がとれず・・。
やっと振り付けが合ったのは、発表会の3日前。
絶対間に合わないかと、本当に苦しかったーー。


衣装は今回は、赤の靴、赤のファルダ(スカート)、赤×多色のマントンで
全部真っ赤。
IMG_2479.jpg



先生は全部白、他の人は黒・・ってことで、何だか私だけスミマセン・・
って状態に・・。
でも先生が全部決めたからさ~。


発表会には、義姉3と各旦那さん(一人はそのお母様まで・・)、
そして姪1の総勢8人が来てくれました。
あ、あと私の相方も。

楽屋で支度していると、だんだんお客さんたちが集まってくるんですが、
それをソデから見ていて、友達がすごい騒いでいて、
「わーー、テレビカメラがあるよ! Telereggio かな??」
# レッジョ・エミリア地方TV局のニュース番組の名前。

って言うから、私も「えーーうそーそんなことってあるの?」って言いながら
見たら・・・


うちの相方でしたっっ!


ビデオ撮るの趣味なんですよね・・。
日本に帰ったとき、ヨドバシで三脚買ってホクホクしてたし。
私もかなり役立ってるけど・・。
あとでみんなにコピーして配る予定。


本番は、何だかもう夢中だった。

アレグリアス
タンゴ
タンゴ(群舞)
ブレリア(群舞)

全部で4曲踊りきった。

最後のブレリアで、ギタリストさんがちょっと間違えて
みんな心の中で、「う!このままではズレル!」って思ったんだけど、
先生がとっさに合わせてくれた。
さすがだー。

観客の皆様から、アンコールまでいただいてしまったので、
またみんなでタンゴ踊りました。
# 全員が自信を持って踊れるのって群舞のタンゴだけだったの。

先生とギタリストさんに、1年の感謝を込めて
みんなで花束。

終わったあと、着替えて、劇場の外に出たら、
みんなが拍手で迎えてくれた。うれしかったな。
全然知らない人たちからも、いろいろお褒めの言葉をもらって
うれしかった。

親戚たちからは、
「フラメンコやってるとき、全然違うね~。びっくりした。」
「ホントに情熱持ってやってるのがよく分かったよ~。」
「絶対やめちゃだめだよ。」
っていろいろ言われた。
よかった。見てもらうまでは、なんでそんなにハマってるのか
いろいろ話をしても、「ふーん」くらいだったんだけど、
見てもらってよくわかったみたい。


今回は、去年の10月からフラメンコを始めたという人たちが
8人いたんだけど、みんなどんどん辞めていって、結局
最後まで残った人たちは3人。ほんとみんなよく頑張ったと
思う。

ここの教室は私は3年目で、同じくずっと続けていたのは他に2人。
みんなで「寂しいね~」なんて言っていたけど、今年になって
ようやく、いいグループになったかなーと思った。
新しく入った3人も、「来年も続ける!」って言っているし。

明日の木曜は、みんなで打ち上げ♪



一応、今回は成功したけれど、やっぱり新たな課題も
まだまだ見つかった。

もっと丁寧に踊ること。
気持ちをもっとのせること。

あとはやっぱり、もっと振り付けの幅を広げたい。
もっといろいろ踊れるように。

自主練しよっと。
日々が修行。



スポンサーサイト





秘密