FC2ブログ

8月の終わり、ヴェローナの野外劇場(アレーナ:その昔は円形闘技場でした)に、オペラ『カルメン』を観に行って来ました。

まだまだ真夏で暑かったけれど、夜になると風が気持ちよく、時に涼しいくらいでした。




上演は夜9時。きっと終わるのは真夜中になるだろう・・ということで、
野外劇場近くのピッツェリアにて、早めの夕食。
ドイツからのツアー客が多いようで、あちらこちらからドイツ語が聞こえてきました。

予め予約してあったチケットを引き換えて、いざ劇場へ。
一番安いスタンド自由席だったので、やっぱり周りも普通の一般人ばかり。(庶民なのでホッ)
舞台の前にあるアリーナ席を見ると、ゴージャスなドレスを着た方々がいました!
周りでもみんな「あー、あそこの赤いドレスの人がすてき」とか、話題にしていました。

IMG_2720.jpg


そして、いよいよ上演。

IMG_2724.jpg


古い歴史のある劇場で、まるで本物かのように見える舞台セット。
そしてその時代の衣装をまとった歌手の方々。
すごくリアルで、私たちまでその世界に入り込んでしまったような錯覚を覚えました。

第1幕で、カルメンが喧嘩騒ぎをするあたりの町の喧噪では、
フラメンコを踊ってる人たちも!
上演前に場内アナウンスで紹介があったのですが、
フラメンコを踊っているのは、スペイン人のダンサーの方々でした。
さすが、全然違う。舞台の雰囲気もあるから、本当にジプシーの人たちが
道端で踊っている感じでした。

騎馬隊が出てくるときは、なんと本物の馬が舞台上に出てくるんですよ。
4頭の馬が舞台と袖を行ったり来たりしていました。

カルメンの組曲は、よく知られているので、有名な前奏曲では観客も手拍子していました。
すごく楽しい♪

唯一残念だったとすれば、スピーカーがないため、オーケストラの音楽や
オペラ歌手の歌声が、スタンド席だとちょっと聞き取りにくいことがあるんです。
友達は、別の日にアイーダを観にいったのですが、本当に聞き取りづらくて
残念だった~と言ってました。


オペラは上映時間が長いはずだけれど、あっという間に時間が過ぎたように感じました。
でも終演後に時計を見ると、すでに夜中の1時!

ツアーのドイツ人たちは大型バスに乗り込んでいました。
これからドイツに向かって、早朝に到着するのかなー。

日本からの旅行で観る場合は、やっぱりヴェローナで1泊したほうがいいですね。
ここでは毎年夏にオペラが上演されています。
チケットはネットで購入できるので、興味がある方は早めにご予約を!
すでに来年2009年の夏の分が発売されていますよー。
ちなみに私が行った日はすべて完売でした。

Arena Verona - Official website of the Verona Arena Foundation (英語)
http://www.arena.it/

スポンサーサイト





秘密