FC2ブログ


イタリア語の勉強を細々とやっています。
が!やっぱり手探り状態です・・(+_+)
ひとりでブツブツ言いながら黙々と勉強してますが、たぶん学校へ行ったら1週間くらいで終わっちゃうくらいの進み具合だと思います・・。

前からNHKラジオのイタリア語講座だけは続けてきたので、多少の文法は何となく覚えてますが、いざそれを使えるか?というと全くダメ!
さらに、他の参考書などもすべてバラバラに勉強していたため、すべて中途半端な状態に・・。

そこで、最近ちょっと勉強の仕方を変えてみました。
自分が勉強してきたことをストックしていって、あとから「これだけ見直せばいい!」という状態にして、いつでも持ち運べるもの・・。私の場合は、2つ穴のバインダーに勉強した書き込みページをストックしていくことにしました。

今まではノートでいろいろ勉強してたのですが、一通り参考書を終わって、他の参考書、問題集をやると、たとえば近過去(passato prossimo)で追加したい例文があった!と思っても、すでに書き込む場所がない・・・という状態になってしまってたのです。それで別の場所に書いておくと、あとで見直すときに「あれ~?どこかに書き残した気がするけど・・」とすぐに見つけられなくなってしまって。

なので、あとから辞書のようにすぐ見つけられるようにしようと思っています。これでうまくいくかは分からないけど、とりあえずしばらくこれでやってみようかな。

そのほかは、下記のように勉強しています。

---------------------------------------------------
■文法
①入門レベルの文法書(日本語)
『驚くほど身につくイタリア語』(高橋書店)
『はじめてのイタリア語』(ナツメ社)
イタリア語を全く知らないという状態のときに何となく字が大きくて見やすそうだったから・・という理由で選んだ参考書です。(^_^;)
ポイントはよくまとまってるので、これでざーっと一気に文法を覚えました。
入門レベルの文法書は、もうこの2冊で充分だったので、他のものは良く分かりません。

②ずっと使うつもりの文法書(日本語)
『現代イタリア語入門講座』(東洋書店)
これを一からやろうとすると今の私では相当大変ですが、バイブル的存在の文法書です。ちょっと分からなくなったときにこれで該当個所を勉強するという使い方をしています。

③イタリア語で書かれた参考書
『in italiano』
これは、神保町にあるイタリア書房で購入しました。
本当は『Qui Italia』とか、日本のイタリア語学校でも使われているものを買おうと思っていたのですが、ちょっと高かったんです・・。(私には・・)
それでお店の方にゼロから学ぶ参考書で他にないか尋ねて、「説明、問題、解答もあり(別売り)」だったこの参考書を選びました。
自分で書き込みができる問題も多いし、今のところはこれで特に問題ありません。

④NHKラジオ イタリア語講座のテキスト
とにかくこれを継続して勉強してフレーズを頭にたたきこんでいます。
半年で1期が終わったら、テキストの入門部分と応用部分を切り離して、各月の入門編、応用編をくっつけて1冊の本に作り変えます。
これで後から見直しやすくなるのです~。

■リスニング/スピーキング/ディクテーション
市販本の2冊はCD付きだし、NHKラジオイタリア語講座もCDを買っているので、聴いて覚えるようにしています。
なるべくリズムをつかんでそっくりまねるようにしてるのですが、実際に通じるかどうかは・・。
家で聴くときは、ディクテーションするようにしています。

■その他
①RAI(イタリアの国営放送)のHPでニュースを聴く
http://www.tg1.rai.it/SITOTG/HPTG1
以前コメントしてくださったMASAさんから教えていただきました。
もちろん何を話してるか全く分かりませんが・・(^_^;)
でも、スピードに慣れることも大事かなと思ってたまに聴いています。

②NHK ONLINE italian
http://www.nhk.or.jp/italian/
日本のニュースを各国語で放送するNHKラジオのイタリア語版です。いろいろネットサーフィンするうちに見つけました。これも内容は分かりませんが、ところどころ知っている単語が聞き取れるようになってきただけ、前よりマシ?!

③Yahoo! Italia
http://it.yahoo.com/
自分が興味があることをここでたまに検索しています。
日本版Yahooとレイアウトが似てるので、アタリをつけて読みやすいということで私は利用しています。ニュースを読んだり、好きなフラメンコのことを調べたり。

ちなみに、私が今度留学する学校はYahoo! Italia で「町名」「stranieri」「Italiano」「scuola」などを入れて検索して見つけ出しました。
もちろん留学エージェントなどを通せばラクなのですが、私はどうしても自分で準備したかったんです。
---------------------------------------------------

私の勉強はこんな感じです。
まだまだ初歩の初歩の私なので、これが自分のレベルアップに結びついているかは分かりません・・(^_^;) でも、とにかくイタリア語に少しでも触れること!を目標に頑張っていこうと思います。

たぶん留学したらまた勉強方法が変わってくると思うので、そのときは改めてまとめようと思います。
スポンサーサイト





秘密