FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --.--.-- | スポンサー広告 | | PageTop↑ ]

在外投票分まで含めた開票結果により、プローディ元首相率いる野党側が勝利を決めました!

これから新内閣発足に向けた協議が始まるわけですが、さっそくベルルスコーニは「中道右派(与党側)の敗北は認めない。票の確実な集計や、無効票の再点検が必要だ」と発言し、さらに「その再集計の結果次第で、上院は与党側が勝利、下院は野党側が勝利というような現象が起きた場合、ドイツのような「大連立」方式の政権を!」という提案をしています。

土壇場に来ても、まだ負けを認めないベルルスコーニ。
やはり強烈な精神力の持ち主です。。


周囲のイタリア人は、もちろん野党側の勝利に安堵していますが、同時に「おそらく在任期間5年以内に、もう一度総選挙をすることになるだろう。」と予想している人が多いです。

なぜかというと、イタリアでは多数の政党がありますが、個別に戦わずに与党側(中道右派「自由の家」)と野党側(中道左派「連合」)にそれぞれ分かれて連携して戦っています。
そのため、今回勝利した野党側の各政党みんなが仲良し・・というわけではないのです。それぞれの意見が対立してしまえば、内閣が維持できない場合もあるわけで、そうするとまた総選挙・・ということになります。


これで何かが変わるのかなー。イタリア。
ただ、周囲の人の意見だと「前にも野党側の内閣が発足したことはあったけど、法律の改正など実行に移したのはほんの少し。ベルルスコーニは法律はたくさん改正したけど、自分の利益につながるものばかり。これでイタリアがよくなるかって分からないけど、とにかくベルルスコーニよりはましってことよ。」という感じ。


「まし」ということで選ばれた新内閣で、イタリアがどうなるか。
まだまだニュースに注目です。
スポンサーサイト


秘密

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。